IZ*ONE(アイズワン)メンバー 事務所

事務所はバラバラ

日韓の期間限定ユニットということもあり、12人のメンバーが所属する事務所は数社に分かれていているという特別な形となっています。
日本人3人の事務所はAKSで同じですが(秋元康さんの協力ですからね・・・)、韓国人メンバーの事務所は7社に分かれていて、いろんな人材が集まっていることが事務所の数からみてもわかりますね。
いろんな事務所から集まってきたので、全体的にまとめるのが大変じゃないのか?と思ってしまいます。確かに、事務所関係者の考え方も色々なので、全員の考えが一致するというは普通では考えられませんからね。
メンバーたちに関しては事務所が違っても、同じグループで活動するわけですから、一緒にがんばっていく気持ちが強いですから心配ありません。
だからIZ*ONEにとっては複数の事務所からメンバーが集まってきても、目的が一致しているから問題ないというわけです。
2021年4月までの限定ユニットなので、メンバーみんなが力を合わせていかないと、あっという間に終わってしまいすからね。
「事務所がバラバラだからメンバーの気持が一致しないのでは?」なんていう不安は全く必要ないのです。

事務所と所属一覧

STARSHIPエンターテインメント
チャン・ウォニョン

アン・ユジン


Stone Music Entertainment
チョ・ユリ


Urban Works
キム・ミンジュ


Woollimエンターテインメント
キム・チェウォン

クォン・ウンビ


WMエンターテインメント
イ・チェヨン


YUE HUA Entertainment
チェ・イェナ


8D Creative
カン・へウォン

各メンバーはそれぞれの事務所から期待されている存在です。事務所側にとってもIZ*ONEの活動は大きなメリットになるわけですから、おもいっきり力を入れています。

スポンサーリンク


メンバーと事務所

チャン・ウォニョンとアン・ユジンが所属するSTARSHIPエンターテインメント(ソウル)には、BOYFRIEND、Monsta X、宇宙少女らが所属しています。
チョ・ユリが所属するStone Music Entertainment(ソウル)、2018年設立した新会社で元がMnet系の音楽事業部です。
本田仁美、矢吹奈子、宮脇咲良はAKS(東京)ですね。
(AKSの社名は、秋元康のA、窪田康志のK、芝幸太郎のSが由来。)
キム・ミンジュが所属するUrban Works(ソウル)はTV番組などを手掛ける芸能プロダクションです。。
キム・チェウォンとクォン・ウンビが所属するWoollimエンターテインメントは、レコードレーベルとエンターテイメントエージェンシーです。
イ・チェヨンが所属するWMエンターテインメント(ソウル)は、アルバム製作及び芸能マネジメント事業など手掛ける芸能事務所です。
チェ・イェナが所属するYUE HUA Entertainmentは、中国の北京にある会社で、音楽、ドラマ、映画など幅広く事業を展開する多国籍企業です。
カン・へウォンの所属する8D Creative(ソウル)は、エンターテインメントやファッションを手掛けています。

事務所の個性

事務所とひとことで言っても、それぞれ得意とする分野はみな違っています。IZ*ONEを選んだPRODUCE48との関係も考えると、各事務所は音楽でつながっているわけです。
キム・ミンジュやイ・チェヨンらが所属しているが芸能事務所だからといって、音楽と無関係というわけではありません。

このように事務所によって分野が少し違っていたりしていることで、12人がそれぞれの個性を発揮できていることは確かですね。そういうことから考えると、事務所がバラバラというのはいい意味での影響をIZ*ONEに与えてくれているようす。 偶然なのか必然なのかわりませんが、色々な個性がぶつかり合うことで、新しい個性が生まれたりすることは確かです。それがIZ*ONEにとっても良いことであるのことは間違いありませんね。

期間限定のメリット

2018年にPRODUCE48から生まれたIZ*ONEは、12人が1つの星になるように、との願いで名づけられました。 活動は2021年4月までという期間が定められている合同ユニットなので、複数の事務所の協力が必要不可欠となっています。 なので、それぞれの事務所の人たちにとっても、活動期間終了まではIZ*ONEは特別なものとなっていくことだと思います。
期間終了後は各メンバーが大きく成長して、それぞれの事務所で活躍していくことでしょうね。
それも事務所にとっては大きな魅力です。元IZ*ONEメンバーというだけで、タレントの価値が上がるわけですからね。
今はユニット終了終のことよりも、IZ*ONEでより多くのファンを魅了して日本と韓国のスーパーアイドルになるためにがんばらないといけません。
それぞれの事務所の事情もあるでしょうが、IZ*ONEの大ブレークのためにそれぞれの力を合わせて、最大の効果を発揮してほしいです。そして、各事務所が可能な限り協力して、IZ*ONEを大きく羽ばたかせてくれるのを願っています。
各事務所のスタッフはそれぞれの事情を考慮しながらも、精一杯の努力をしてくれています。だからきっと花開くようになることは間違いありません。
IZ*ONEのメンバーだけでなく、各事務所のスタッフもファンとしては応援していきたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

→ IZ*ONE(アイズワン)新曲の再生回数が2000万超え


→ IZ*ONE(アイズワン)のメンバーと年齢順


→ IZ*ONE(アイズワン)メンバーで日本人は?


→ IZ*ONE(アイズワン) CHU シーズン2


→ IZ*ONE(アイズワン) メンバーインスタ


→ IZ*ONE(アイズワン)のメンバーカラー