IZ*ONE(アイズワン)メンバー の人気

IZ*ONEは96人から選抜

PRODUCE 48(韓国の公開オーディション番組)で、96人の練習生の中から選ばれた12人のメンバーによる日韓合同ユニットIZ*ONE(アイズワン)。

2018年から活動を開始して、2019年に入りその人気も急上昇中です。12人のメンバーそれぞれが個性があって、魅力的なのがIZ*ONEの一番の売りであることは間違いありません。

2018年にリリースされたミニアルバム「COLOR*IZ」がオリコン1位になったのも、その人気の証しと言っても過言ではないでしょうね。

それにしても、96人から12人というのはそんなに高い倍率には思えません。しかし、96人の中に入ること自体がとても狭き門ですので、そう考えると12人は特別なメンバーということになりますね。12人の後ろには何百人とか、何千人のアイドル志望の女の子たちがひしめきあっているわけです。なので、メンバーひとりひとりがオリンピック選手に選ばれたようなものかもしれませんね。

もちろん、各メンバーは影では人並み以上の努力を積み重ねていることだと思います。それが人前に立つことで結果を出してきたのでしょうね。並々ならぬ努力の結晶がもたらしてくれたからこそ、12人の中に入れたのだと思います。さらに、運も大事ですよね。努力はもちろんのこと、運もないといけないのが芸能界ではないでしょうか?ただ、運だけに頼っていてはなかなか芽が出ないでしょう。努力をしたうえで、運を引き寄せることができるのではないでしょうか?

例えば、何千人の中からオーディションに選ばれた女優がいたとします。彼女は日常生活の中でゴミを拾ったり、人に迷惑をかけないようにしていたり、約束はちゃんと守ったりしていると、自然と運が巡ってくるのではないでしょうか?

アイドルの世界も同じだと思います。日頃の行動が結果につながっていくに違いないでしょうね。

メンバーの人気順

PRODUCE 48の厳しい審査と一般投票で、1位から12位までに入賞した12人の人気を順位をみていきましょう。

1位と2位は30万票以上を獲得していて、その差は10%未満です。チャン・ウォニョンと宮脇咲良はほぼ同じような人気と言っても過言ではないでしょう。となると、将来的には宮脇咲良が1位になることも十分に考えられますね。

それに次いで人気なのがチョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジンですね。この3人の得票差も1万5千票以内なので、ここでも順位の入れ替えが出てくる可能性は十分にあります。

6位、7位は矢吹奈子とクォン・ウンビが競り合っています。この二人の差も1万票ほどですので、クォン・ウンビが逆転する可能性もあるでしょうね。

8位、9位のカン・へウォンと本田仁美の争いも激しくなってくるでしょう。更に、10位のキム・チェウォンのガンバリもあり人気も好調ですから、本田仁美も油断できませんね。キム・ミンジュも懸命に追い上げを見せていますから、きっと今後はどんどん順位を上げていくことでしょう。

そして、最下位のイ・チェヨンは運を味方につけているので、予想以上の活躍で人気が急上昇する可能性も十分にありますね。

96人の中から選ばれたのですから、それぞれの人気はものすごいことになっています。1位から12位まで順位をつけていても、今後はその順位も変動していくことは間違いありません。

日本人3人も懸命にがんばっているので、それぞれが順位を上げていって、IZ*ONEを引っ張て行くほどになるのでしょう。

1位  338,366票 チャン・ウォニョン

2位  316,105票 宮脇咲良

3位  294,734票 チョ・ユリ

4位  285,395票 チェ・イェナ

5位  280,487票 アン・ユジン

6位  261,788票 矢吹奈子

7位  250,212票 クォン・ウンビ

8位  248,432票 カン・へウォン

9位  240,418票 本田仁美

10位 238,192票 キム・チェウォン

11位 227,601票 キム・ミンジュ

12位 221,273票 イ・チェヨン

スポンサーリンク

2019年はIZ*ONEの飛躍の年

この順位も各メンバーの実力によって流動的なので、今後も注目していきたいですね。また、各自の人気がユニット全体の人気に影響する可能性だって否定できません。なので、2019年がIZ*ONEの飛躍の年になるためには、イノシシのような勢いがないといけません。

もちろん、12人のパワーが集まっているので、それにファンのパワーが合体すれば鬼に金棒ですよね。そのためには、ファン一人一人が友人や知人にIZ*ONEのすばらしさを伝えていきましょう。一人が2人に伝えて、その2人がまたそれぞれ2人に伝えていけば、あっという間にファンの輪が広がっていきます。単純なようでこの地道が活動が大きなうねりとなって、力強いパワーになっていくのです。

そうしているうちに2019年にはIZ*ONEの知名度がどんどん上がっていき、日本と韓国の間で超有名なユニットなっていくに違いありません。

なので、IZ*ONEの人気がもっと上がっていき、天井しらずの勢いになるように、みんなで力を合わせて応援していきましょう!!

半年後の6月ごろにはクラスや職場の話題になるようになってほしいです。もしかすると、もっと早い時期にIZ*ONEの知名度が上がっていき、日韓の誰もが知る存在になっている可能性だって十分に考えられます。小学生からお年寄りまでもがIZ*ONEの曲を口ずさむことになるかもしれません。そこまでいくと国民的なアイドルということになりますね。

特に日本だけでなくて、韓国での人気も上昇していくことでしょうから、両国の誰もが知っている存在になれるのは、滅多にないことです。日本国内だけとか、韓国国内だけで人気になるのとは全く違った次元になることでしょう。

そのためには、両国でのショーケースやアルバムの発売など、あらゆるメディアやSNSなどを通じて存在を知らしめることが大切です。

もちろん、そんなことは秋元康さんは百も承知でしょうから、これからいろんな方法を使って知名度を高めて、人気絶頂にさせてくれるに違いありません。

そして、年末恒例の紅白歌合戦に出場するという夢を絶対に達成してくれることを心から願っています。


スポンサーリンク





関連記事

→ IZ*ONE(アイズワン)の メンバーカラー

→ IZ*ONE(アイズワン) メンバー インスタ

→ IZ*ONE(アイズワン)メンバー の人気

→ IZ*ONEのメンバーの名前をハングルで